大人の女性

援助交際が社会的な問題として取り上げられる理由は、女の子の低年齢化の問題です。
最近逮捕された事例では相手の女性が小学生というケースすら存在します。
現代の小学生は、体の発育がよく、生理もある子が大半です。
服を脱いだら、あどけなさは残すものの、

大人の女性の体として完成している子も数多く存在しますし、

児童ポルノが趣味という男性からすると、とても魅力的な援助交際と言えるでしょう。
小学生でもセックスの知識は持っています。
良くないこと、エッチなことだという認識はありますが、いけないことをしている意識のレベルは、

親にバレたら怒られる程度の浅はかなものだと言えます。
とんでもない考えを持っている少しませた小学生からすると、

援助交際はさほど悪いものという意識ではなく、父親よりも年上の男性とセックスをすることです。
悲しいことに、実際にはこのようなケースが多発しています。
日本の学校での性教育はきちんとしているのかと問うよりも、

各家庭での子供へのしつけの問題だと言えます。
親が援助交際はダメだと注意することよりも、子は親の背中を見て育つと言うので、

学校よりむしろ家庭やお友達の問題だと言うことが出来ます。
小学生、中学生、高校生の難しい年齢のときには、援助交際が無縁の生活であることを望みますが、

男性側には性欲が存在し、お金が欲しい女性との需要と供給のバランスが取れているとも言えます。
勿論 望ましいことでは全くないんですけどね。